FC2ブログ
Welcome to my blog

『二人の出会いは魅惑のランジェリー』(6)

Milk.png

そして真弓は、お姉様のパンティの中の ペニスを誘われるままに握ります。
「あぁぁぁ・・・」
「真弓ちゃん」
「愛してる 好き 大好」
「お乳 美味しい?」
「ぁぁ 凄く 気持ちいい」
お姉様は異常なほどの興奮からか何時になく、ほとばしる乳を真弓へ吸われペニスを愛撫されての悦びは、ひとしおです。さらに片方の乳首からも白濁乳が噴き出し乳房を滴ると、その悦びにまみれてしまうのでした。
「ぁぁぁ あ~ん」
お姉様の歓喜に咽ぶ喘ぎ声が艶かしく部屋に響きます。
そして、お姉様の指先が真弓の下半身へ肌伝いに何かを探り求めるように動きます。当然、真弓のペニスが目当、その興奮で脈打つ硬いペニスをまさぐりあてると、その太さと硬さに思わず悦びの声が出てしまいます。
「ぁぁあぁ・・・」
それは、真弓も待ち望んでいたことです。お姉様がそれに答えるように夢中でペニスを握り返すと同じく悦びの声をあげてしまう真弓でした。
「あぁぁ あ~ん ぉぉ お姉様・・・」
真弓は、お姉様の指先から受けてしまう悦びにたまらず吸っていた乳首を強く噛んでしまいます。
「うぅぅ ぐぐ・・・」
お姉様は痛さなのか気持ちよさなのか大きくのぞけり真弓は、驚きます。
「ごめんなさい!」
「うぅん 素敵よ・・・」
快楽に溺れ悦びに浸るようなうつろな眼差しで愛しく真弓を見つめ言葉を返します。
「今度は 真弓ちゃんの番よ・・・」
そして、真弓のペニスを手で握りながら自分のお乳で濡れたその口元を舌で艶かしく舐めあげたのです。
「私の お乳 美味しかったの?」
「うん」
「お口 綺麗にしてあげるね 可愛い 赤ちゃん」
お姉様は、ゆっくり真弓の口の周りを舐めまわしながらペニスを愛撫します。握られた真弓の濡れたペニスは、その手の中でこねくられ弄ばれます。
「ぁぁああ お姉様 素敵・・・」
真弓に対するお姉様の弄び方は、それだけで収まりませんでした。
「あれっ? 真弓ちゃん どうして こんなに おチンチン グジャグジャに濡れてるの?」
自分の部屋で、お姉様の下着を身に着けた途端に生まれ出たペニスは、その時から大きくなり濡れ始まっていたのでしたがあらためて問われると恥ずかしさがひとしお込み上げてしまいます。
でも、それを言い出すとなると、お姉様の下着を隠れて着けてのオナニー行為にも言及してしまい真弓にとっては、触れられたくない早く忘れたい恥ずかしい部分なのでした。
先ほどは、お姉様の気遣いでか無難に済んでいたのに、ここに来て話しをぶり返されて真弓は苦境に立たされます。
その中で身体の異変で生じたペニスは、お姉様も持ち合わせていると知って安堵したばかりだったのに今度は、そのペニスの先から止めどなく迸しり下着やペニスを汚し濡らすわけを聞かれて困ります。
「ぁぁ それは?」
突然、窓を開けらてみられてしまった、あの時のように真っ赤になりうろたえてしまいます。
「えぇえ?」
「真弓ちゃん ハッキリ言わないと 遊んであげないから・・・」
真弓は困ってしまいます。遊んでもらうためには、最初からもう一度、言いたくない事を話さなければなりません。小さな声で話します。
「お姉様が パンティを穿きなさいって・・・」
「え?」
「おチンチンの先から垂れてきたの・・・」
事の始まりは、全てそこからだったので嘘とも言えなかったのですが真弓がそこまで言うとお姉様が口を尖らせます。
「ええ 真弓ちゃん 最初から 私 穿きなさいって言った?」
「・・・」
お姉様は、真弓の恥ずかしい行為を目撃した時も何も言わずに優しく諫めて下さったのにおかしいです。今度は、真弓の矛盾する部分を直ぐに指摘します。
真弓は、それを言われてしまうと、次の言葉が出てきません。お姉さまの胸にすがるように、あの乳が滲み出てる乳房をトントンと子供が懇願するように叩いて謝るしかありません。
「ごめんなさい 私 いけない女の子でした」
お姉様としては、どうしてよいやら困り泣き出しそうな真弓の顔を見て楽しんでいたのですが少し意地悪の度が過ぎたようです。
「ああ そうじゃないのよ・・・」
「ごめんなさい お姉様・・・」
「うそ 嘘です 真弓ちゃんは いけない女の子じゃありません」
「私が?」
「真弓ちゃん 聞いて 私が悪いの 意地悪して ごめん ごめん」
「え?」
「真弓ちゃんの 見えるところにエッチな下着を干したり 無理やりキスしたり おチンチンを触らせたり・・・」
真弓のペニスがグジャグジャにさせたのは、自分のせいだったと真弓へ謝ります。
何が何だか分からない真弓、お姉様が自分が悪いと謝ったので一安心です。すると、お姉様が思いもよらぬ事を言い出したのです。
「私 何でも 真弓ちゃんの言うこと聞くから許して?」
「本当?」
「本当よ 許してくれるの?」
真弓は何と答えて良いのかちょっと迷ってしまいます。してもらいたい事も、やりたいことも山ほどあるからです。
迷っているとお姉様が真弓の顔を覗き込むようにして言います。
「私が決めていい?」
真弓は決めかねていましたから「はい」と言うように頷きました。
「お詫びに 真弓ちゃんの汚いおチンチン綺麗にしてあげる・・・」
「えっ! おチンチンを?」
真弓は自分のペニスを見ます。それは愛液で、グッチョリ濡れた亀頭がこれ以上は膨れませんというくらい赤く膨れ見るからに嫌らしいペニスでした。
「ああ・・・」
先ほどまで、お姉様の手の平でこねくり回わされていたのにも関わらず真弓は、慌てて手で覆い、そのペニスを更に隠そうと、お姉様から借りて穿いている小さなパンテイの中へ無理やり入れようとします。
「真弓ちゃん そんなにグジャグジャの おチンチン 入れたら パンティ汚れない?」
「あっ! そうかぁ?」 
「女の子なのに 恥ずかしくないの それも 私に借りてるんでしょう?」
それは言われるまでもなく女の子としては、見られたくない恥ずべき行為でもあり耐え難い屈辱でもありました。
「ああ ごめんなさい お姉様・・・」
お姉様は、真弓への辱めを今、謝ったばかりなのでしたが、やっぱりお姉様は、おどおどして恥じらう真弓の様を見たがっているのでした。当然、愛おしさが益々募ります。
「汚いけど お詫びです 舐めて綺麗にしてあげる・・・」
「えっ! 口で?」
「そうよ 汚いけど お詫びです 我慢します」
お詫びと言われては、むげに断れません。
「汚いのに ごめんなさい お姉様」
「駄目ですよ 女の子なんですから 人前で垂らしては・・・」
「あぁ はい・・・」
お姉様は硬く太くなって濡れ濡れのペニスを握ります。
真弓は汚いと言われたペニスがお姉様の口元へ近づくと身体が強ばります。
「ぁぁああ 汚いでしょう? ぁぁ・・・」
恥ずかしさが頂点に達します。
「ぁぁ ごめんなさい お姉様・・・」
その屈辱的な恥ずかしさが得も知れぬ悦びを招き強ばった身体がとろけるように快楽にうち震えるのでした。  つづく
Watch JAV

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment